格安スマホでオススメのデータ量は?

格安スマホでオススメのデータ量は、どのくらいかというと、

 

一般的には1GB〜3GBの1ヶ月のデータ量のプランがオススメです

 

会社によっては、1日50MBから1ヶ月10GBまでのプランがありますが、そこまでは必要ないでしょう。

 

データ量が増えれば、それだけ料金が高くなり、格安スマホの意味がなくなります

 

 

格安スマホとデータ量の関係

格安スマホの料金は、1ヶ月に利用できるデータ量とスマホ本体の価格で決まるので、データ量があまり大きすぎるプランはおすすめできません。

 

また、同じデータ量のプランでも、

 

性能が低い端末とセットにして安くみせているプランがあるので要注意です

 

端末とのセットプランについては、データ量だけではなく、端末の性能と価格を照らし合わせて、しっかり比較することが大事です。

 

格安スマホは、スマホ本体とSIMがセットになったものがあり、高速データ容量は毎月2GB~8GBなど上限設定されています。

 

中には、セット販売でもデータ容量無制限コースを提供しているところがありますが、最低でも月額4980円くらいは必要です。

 

ハイスペックの最新機種とデータ容量無制限というのは魅力ですが、決して安いとは言えません。

 

 

 

■【スマホ節約術】毎月のスマホ料金を格安スマホで節約する3つの方法 >>