格安スマホはなぜ安いのか?

通信インフラ工事中

 

格安スマホと言えば、値段が安いことで人気があります。

 

なぜ格安スマホは従来のスマホよりも安くなっているのでしょうか?

安いのは、キャリアの回線(NTTなど)をレンタルして会社運営をしているからです。

 

格安スマホの多くは、ドコモのエリアで使えるようになっていますが、実際、それはドコモのサービスではありません。

 

格安SIMを扱っているMVNO事業者が、ドコモから回線をレンタルして運営してサービスを提供しています

 

ドコモから借りているのは回線だけで、ネットの接続は、MVNO事業者のサーバーを経由しています。

 

つまり格安スマホが安いのは、

 

本来必要な通信設備への投資が少なく、回収の必要がないから

 

なのです。

 

 

設備投資やメンテナンスの費用にお金がかからないので

MVNO事業者は自社では通信設備を持っておらず、キャリアから借り受けてネット接続サービスを提供しています。

 

アンテナを立てたり、基地局を整備するなど、通信設備の増強やメンテナンスが必要ないので、コストがかかりません。

 

レンタル料のみで運営できるので、基地局を建てるのと比較すると、投資がかなり少なくて済みます。

 

MVNO事業者はキャリアから回線をレンタルしているので、格安スマホは安いのです。

 

ただ、注意しないといないのは、キャリアから借りている帯域の量が少ないと、ネットへ繋がる道が渋滞して、時間帯によっては思うように速度が出ない場合があるということです。

 

格安スマホを選ぶ際には、アナタのスマホ利用状況に合わせ、通信速度制限を比較しながら選ぶのが良いでしょう。

 

 

 

■【スマホ節約術】毎月のスマホ料金を格安スマホで節約する3つの方法 >>