格安スマホがオススメできない?その理由は?

格安スマホというのは、料金が節約できるのでとてもお得です。

 

キャリアから乗り換えれば、経済的で節約できます。

 

とにかく月額料金が安く、料金体系がわかりやすくなっていて、ほとんどの格安スマホの場合、今までの電話番号を引き継ぐことができます。

 

ただ、格安スマホには、オススメできない理由もあります。

 

 

格安スマホがオススメできない理由

インターネット通信で使えるデータ容量が少なめで、速度も遅いからです。

 

本体の性能も通常よりは低く、キャリアのメールアドレスが使えません。

 

大手携帯電話会社の場合、通常データ容量は1ヶ月に7GB前後になっています。

 

格安スマホの場合、1ヶ月に3GB程度が主流

 

になっていて、その差は歴然で半分より少なくなっています。

 

格安スマホのプランは色々あり、もっと少ないものでは1ヶ月に1GB以下というものもあり、多いものでもせいぜい1ヶ月に10GB程度です。

 

通信速度も、事業者側で絞られていることから、キャリアよりも遅くなります。

 

格安スマホがオススメできない最大の理由は、

 

一人あたりのデータ容量が少なく、通信速度が遅いところ

 

です。

 

早朝や夜中など、空いている時間帯ならまだマシなのですが、昼間や夕方などの混み合う時間帯ではつながりにくいことが多く、快適にネットできない可能性が高いことも考えて選ぶのが良いでしょう。

 

 

■【スマホ節約術】毎月のスマホ料金を格安スマホで節約する3つの方法 >>